老健施設の医師求人サイト

TOP >> 施設別の求人事情 >> 老健施設長の医師募集なら

老健施設長の医師募集なら

多くの老健施設では、老健施設長に医師を配属しているとそのことをウリにしています。その理由は、老健施設内に医療的な知識を様々な角度から取り入れることで、自立支援につながったり、病状が良くなるなどの効果がある可能性があるからです。リクルートドクターズキャリアという医師専門転職支援エージェントのホームページでは、実際にある病院の副院長という職を離れ、老健の施設長になった方の転職のお話が載っています。高い志があり、臨床を離れて介護老人保健施設への転職を希望した結果、給料面は下がるものの、勉強できる環境の整った老健施設長への就任を果たしたのです。

この方の転職理由にもありますが、地方での高齢化は非常にスピーディに進んでいます。その波はいずれ、都市部にもやってきます。都市部へやってきてから、初めて臨床とは別に介護の知識、福祉の知識を身に着けるのでは遅すぎます。様々な福祉施設や老健施設が増えてきていますが、実際にはまだまだ医師不足の状況です。その為、なかなか医療的なアプローチでの介護が行えていない施設も数多くあります。逆に医師自身が多角的に老健施設を見る必要があり、様々な種類の患者へどのような接し方をするべきか、多くの学ぶべきことがあります。

老健施設長には、医師だからといってなれるわけではありません。ポイントとしてはまず1点目にもともと管理職であったことが挙げられます。病院と同じく施設でも、医師をはじめ看護師、介護師など様々なスタッフが働いています。そんな中でスタッフが働きやすい環境を作り出すことが老健施設長の具体的な仕事となります。リクルートドクターズキャリアで転職経験を掲載している方の場合はもともと副院長という職に就いていたため、スタッフの管理、施設の運営に関しても知識があったと考えられます。このような管理知識のあるということが条件の1つとなります。これに加え、老健施設長という特殊な仕事において、病院とは違う様々な知識を学ぶ姿勢がとても重要になってきます。今まで学んだことや経験したことがそのまま活かせるわけではないのです。

これらの条件を満たしていなければ老健施設長に仮になったとしても、職を全うできません。老健施設長への転職を目指している方は、まずその希望をしっかりとヒアリングし、その上で様々なアドバイスをくれる経験豊富な転職エージェントを利用することがお勧めです。経験豊富なアドバイザーが、希望通りの転職先を見つけるお手伝いをしてくれるばかりか、手続き面でも面接対策面でもしっかりとサポートしてくれます。

>>老健施設への転職に強い「医師求人サイト」ランキングをTOPページでcheck<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 老健施設の医師求人サイト All Rights Reserved.